英語 リスニング 発音 日本人

日本人には難しい、英語の発音のポイント

MENU

日本人には難しい、英語の発音のポイント

日本人は英語の発音が下手だと言われます。

 

”LとR”、”THとS”、”AとU”の使い分けが出来ないと良く聞くのではないでしょうか。

 

そこで、これらを上手く発音する方法について書いてみたいと思います。

 

先ずは”LとR”です。
カタカナの「ラ」は”L”に近いので、日本人は”L”の方が出しやすいでしょう。

 

そんな”L”の音をより綺麗に出すには、舌が歯茎かその後ろあたりにつけ、その位置で「ラ」と言いましょう。

 

これだけです。とても簡単ですね。

 

一方の”R”ですが、日本語「ラ」の位置に舌を付けて、そこから舌全体を奥へ引き込むよう意識しましょう。

 

その際、巻き舌にする必要はありません。
この”LとR”は聞き分けるのも難しいと言われます。

 

リスニングを通して聞き分け練習することも大切です。

 

次に”THとS”です。”TH”は舌を上の歯と舌の歯の間に軽くはさみ、その状態で息を吐き出せば終わりです。

 

”S”は口を尖らせないで、小さめに息を出すと上手くいくでしょう。
”S”では舌を歯ではさむ必要はありません。

 

”AとU”の区別は、”A”の方は口を日本語「エ」の形のままで「ア」と言うとうまくいきます。
”U”の方は、口を動かさないで「ア」と言うだけで出来ます。

 

英語の発音が難しい物として、いくつか代表的なものを書いてみましたが、いずれにしても何度も練習することが大切です。

 

インターネット上のニュースなどで英語を聞き、リスニングしつつ練習すると良いでしょう。


ネイティブスピーカーと話すことで英語耳を養う

英語という語学を勉強するにあたり、勉強方法は非常にたくさん提供されています。

 

書籍を買いに行けば数多くの英語を学ぶ事が出来る教材が揃い、通信販売でも数多くのリスニングに関する教材が販売されています。

 

そのため、どのように勉強を始めたら良いのか、どういった方法が最も適しているのか迷う事もあるでしょう。

 

そういった人はまず実践で英語スキルを養う事が出来る英語耳を強化してみましょう。

 

やはり最も効果的な方法としてはネイティブスピーカーと会話をする事で、普段のコミュニケーションを学ぶ事ができ、かつ分からない事があるとすぐに聞く事が出来る環境である点は非常に効果的と言えるでしょう。

 

ネイティブの人と会話を繰り返す事で自然と英語耳になってくる様になり、徐々に英語が理解できる様になってきます。

 

つまり耳が慣れ始めて、次に単語を理解する頭が慣れてきます。ということは英語耳を作るリスニングソフトもおすすめですよ。

 

もちろん教材で勉強する事も一つの方法ですが、出来れば定期的なネイティブとの会話を勉強の一つに取り込んでみましょう。

 

そうする事でより実践的な英語を学ぶ事が出来ますので、効果的な語学の勉強が出来るでしょう。
外国人の友人を探すのも良いですし、学校に通う事で外国人講師とのコミュニケーションをとっても良いでしょう。